ビーフカツとポークカツ

ビーフカツとポークカツ

なぜ日本では、ビーフカツよりポークカツのほうが普及したのでしょうか。その理由は、洋食が入ってきた当時、やはり牛肉はまだまだ高価だったことがあげられます。より庶民的で手に入りやすい豚肉を使ってポークカツを作ったのが、日本のトンカツの始まりです。

 

いまはこんなにポピュラーなトンカツが、もともとはビーフカツの代用品なんてにわかには信じられませんよね。そしてこのカツ料理は、今となっては、チキンカツから様々な魚介類のフライになっています。基本的にイギリスのフィッシュアンドチップスは魚のフライですし、よく前菜やスナックで出されることが多いカラマリのフライはイカ、そしてジャンクフードですが、オニオンリングなど、フライしたものは広くメインディッシュとして、または食事のアペタイザーとして親しまれています。

 

日本はお米が主食ですから、ごはんに合うおかずとして、トンカツは日常の私たちの食卓でも非常に親しまれています。