海産物もフライにします

海産物もフライにします

日本は、豊富な海産資源に恵まれていたのと、明治時代までは肉食を禁忌とする宗教観が強かったので魚介類が好まれ、食べられてきました。明治の時代になって肉食が盛んになった後でも、魚のフライ、海老のフライ、イカのフライ、そして牡蠣のフライなど様々な魚介類でフライを作るようになりました。

 

お肉のカツはちょっと苦手だけど、海老やイカや牡蠣のフライは大好き、という人も多いでしょう。こうしたボリュームメニューが日本の食卓を多彩に彩ってきたのです。トンカツは、トンカツソース、気の効いた洋食屋さんなどでは、やや薄めの肉に、トマトソースで仕上げているところもありますが、魚介類のフライときたら、なんといってもタルタルソースでしょう。

 

それだけでごちそう感がずっと増しますし、いかにも洋食のメニューということで洋食レストランでも人気のメニューの一つではないでしょうか。牡蠣のフライは、欧米ではあまりみかけませんから日本人の楽しい工夫、アレンジ料理でしょう。