カツレツの起こり

カツレツの起こり

日本のカツレツは、洋食文化が入りたてのころ、フランス料理の「コートレット」、もしくはイタリア料理の「コトレット」からきていると言われています。リブロース肉つまりコートレットに小麦粉をまぶして焼いた料理自体をコートレットと誤認して、それをヒントにして、よりボリュームのある、日本人にも馴染みやすい料理にしたのがカツレツでした。

 

肉をより食べやすく調理するのに、油で揚げることを思いついたのかもしれません。もともと日本には天ぷらという揚げ物料理がありますから、フライパンで焼いて作るよりも、食材を揚げるほうが馴染みがあったのでしょう。

 

そのことで、より洋食が身近なものになり、お肉を食べることに抵抗のあった日本人にどんどん浸透していったものと思われます。いまとなっては、揚げ物といえば、天ぷらよりもこのパン粉をつけたフライのほうが子供から若者には人気がありますが、洋食のはじまりでは、手探りで日本人に合う食べ方をアレンジしていった過程が分かるような気がしますね。

 

 

練馬区 動物病院
動物病院検索や口コミ ペットのお医者さん