国民食のコロッケ

国民食のコロッケ

食事のメインディッシュとして食べられると同時に、おやつとしても食べられているコロッケですが、日本の国民食とも言えます。コロッケは野菜メインの中身で、ほとんどはじゃがいもになります。ご飯と一緒に食べると、炭水化物が多いですね。コロッケは食材をそのまま揚げるような揚げものではないので、中身をしっかりと下ごしらえするということで、
かなり時間がかかります。

 

ポテトコロッケ、クリームコロッケは日本でも特に人気がありますが、さらにうまくアレンジをされたカレー、カニなどのコロッケが店頭で売られています。しかし、もとはフランス料理からコロッケは生まれました。

 

本来はクロケットという料理がベースで、それを日本人になじみやすいようなアレンジが加えられて、日本でよく見るようなコロッケが作られました。洋食レストランで食べるコロッケと、普通によく食べられているお肉屋さんや総菜店で買えるようなコロッケは、また異なるものがあるのですが、どちらも美味しいものですね。独自の付け合わせソースが、レストランのコロッケでは美味しくなっています。