おかずに合うトンカツ

おかずに合うトンカツ

ビーフカツよりポークカツのほうが日本では普及しましたが、その理由としては、牛肉がまだ高価だということで、洋食が入ってきた時に、より庶民の手が入りやすかった豚肉を使ってポークカツを作ったというのが、日本のトンカツの始まりであるとのことです。

 

もともとはビーフカツの代わりとして作られたトンカツが今では、大人気となっているのが、あまり信じられないのですが、しかし、こうしたカツ料理は、鳥を使ったチキンカツから、魚を使ったフライ等、が多くのものがあって、たくさんの国でいろいろなものが食べられています。

 

メインディッシュ、もしくは食事のアペタイザーとしてフライは親しまれていて、イギリスで出されるフィッシュアンドチップスは魚のフライですし、前菜やスナックとして出されるカラマリのフライはイカでできています。さらに、オニオンリングなどもフライものであります。

 

日本では、日常的にトンカツはご飯に合わせて食べられていますが、お米が主食ということで、トンカツは非常にご飯に合うおかずで、おかずの中でも人気のおかずとなっています。