魚介類のフライ

魚介類のフライ

明治時代までの日本は、肉食を食べてはいけないという宗教観が強かった為に、魚介類が多く食べられてきました。日本近海には海産資源が非常に豊富で、いくらでも魚がとれたということも、この理由でもあります。そして、明治期以降、肉食が多く食べられるようになっても、魚介類を使ったフライが多く作られていて、魚のフライから海老のフライ、イカフライ、牡蠣フライなど様々なフライ料理というものが作られて食べられてきました。

 

お肉やお肉のカツは少し苦手なんだけれど、海老、イカ、牡蠣といった魚介類のフライはよく食べるし、大好きという人も多いかと思います。日本の食卓において、様々な料理が並ぶようになったのは、こうしたフライのボリュームメニューが増えてき為でもあります。

 

トンカツには、トンカツソースをかけます。なので、薄めの肉にトマトソースでシ仕上げているというような洋食屋さんも多いのですが、魚介類のフライの場合は、やはり、タルタルソースをかけることが多いですね。日本人らしい工夫やアレンジで作られたので、牡蠣のフライは、欧米ではあまりみかけません。

 

レストランで人気のメニューで、実に洋食らしいメニューですし、本当にごちそうという感じがします